ビル管理成功のコツはプロに教わる!ビルディングマネージャー

笑顔

必要な業務

ビル管理と警備の利点とは

不動産

世の中には非常に様々なビルが建ち並び、そのメンテナンスや管理方法も様々です。そういった中、ビルを管理して正常に機能を保つためにビル管理はなくてはならない業務であり、目立たないながらも必須ともいえるでしょう。 基本的にはビル管理は管理業務主任者やマンション管理士などを所有しているビルのオーナーを中心として、設備、警備、清掃の3本柱で行われているケースがほとんどです。大型の建物になればなるほど携わる人の数も増大になります。 ビル管理においての警備は主に建物に出入りする人の確認や鍵の管理などを中心として行っており、防犯や二次災害を食い止める役割を果たします。また館内などの案内などを行って利用者のサポートを行います。

設備と清掃の利点とは

ビル管理における設備は建物全体のメンテナンスや、利用者の利用する設備が正常に作動しているかどうかを日々の点検でチェックする役割を担っています。また停電などの緊急時に素早く電気などを供給する手助けも行っています。設備は消防や電気、危険物、ボイラー、冷凍機などの専門の資格が豊富なこともあって専門的な知識が必要とされており、建物内の増築工事などの大きな作業も行います。 最後に清掃ですが、建物を利用すればするほどゴミなどが発生しやすく、その処分も手早くしなければ建物内の景観や衛生面を損ねるといったトラブルにも繋がりかねません。清掃はそういった衛生面を保つために存在し、外観や内装を手早く衛生的に保ちます。