ビル管理成功のコツはプロに教わる!ビルディングマネージャー

笑顔

ビル管理の内容

清掃と警備の簡単概要

ビル

ビル管理とはビル管理を行っているオーナーを中心に清掃や警備、設備などで建物の維持管理をすることを指します。特に昨今では大型の設備を要する建物が非常に多いので、それらに居住する人などの安心や安全を守るために地味でありつつも必須ともいえるでしょう。 ビル管理を行っている建物が清潔であればあるほど利用者に気持ちよく利用してもらえ、またそれらが売り上げに直結します。日頃からの建物の、主に共用部の清掃には様々な清掃道具を使用しての清掃が必須といえます。 次に警備ですが、夜間対応や受付時には警備は必要不可欠であり、建物の防犯やセキュリティの向上させるためになくてはならないものです。また、イベントの際に行なう交通誘導や落し物対応なども警備の仕事と言えます。

設備と求職に関する豆知識

清掃・警備に引き続き最後に設備ですが、設備は建物内を維持する設備、例えば給湯器やボイラー、冷凍機、吸排気などのファン、空調機、環境維持、環境保全などに携わり非常に幅広い知識を要します。設備といえば設備巡回が主立った印象ですが、設備にもし何かトラブルがあった場合には真っ先に駆けつけて、二次被害を防ぐ取り組みを行なわなければならないので責任感が必要となります。 余談ですが、清掃・警備・設備すべてに言えることですが、一からの求人を求めている場合も多いので、求職者はこれらのビル管理の仕事を手掛かりにして転職を行うといったケースも多々あります。その中でも設備は、関連する国家資格が比較的簡単に取得できるのでおすすめの資格です。